宅配野菜の放射能対策

放射能検査された安全な宅配食品

震災以降、食材の安全性がとても注目されるようになりました。
放射能汚染されていない産地の野菜はどこか気になるところです。
行政や、産地、各企業でもそれぞれ放射能検査体制をひいて安心安全な食材(食品)を私達に宅配してくれているようです。
しかし、100%信頼できるかというと ???の部分も多いです。
最近では、そういった理由から、放射能汚染されていない安全な産地にこだわる人も増えてます。

 

なかでも、西日本、九州産などの食材(食品)を買い求める人も多いです。
しかしながら、近くのスーパーだと西日本、九州の食材(食品)の数は多いとはいえません。
ですので、宅配野菜(食品)業者を利用する人も多いようです。

 

今は、宅配野菜(食品)サービス業者でも放射能の検査は常識になってるようですね。
「らでぃっしゅぼーや」「オイシックス」「大地を守る会」の3社は、放射能検査の報告書が食材と一緒に届きます。

 

安全な食品の入手方法で、まず知っておかなければならないのは、自然界の放射線データーです。
自然界からは合計で2mSv程を受けています。
事故以前の基準として人口放射線による年間外部被曝1mSv、年間内部被曝1mSvを守れる環境を作れば何の心配も要りません。
セシウムは吸着力が高く地面に降下すると土に固着してしまい動かなくなってしまいます。

 

昨今の雨で1センチ程度の沈降があった事は福島の環境放射線の低下から推測されます。
つまり、地表にあったセシウムは地表から少し沈降して、もはや風で土ぼこりと一緒に飛散する事はありません。
チェルノブイリの原発事故は、日本をも放射能汚染していた事実があります。

 

当時、牛乳からも、野菜からもヨウ素やセシウムが検出されていました。
それどころか福島からは放出が極微量でしかなかったストロンチウムがかなり大量に北海道の牛や馬を放射能汚染していたのです。
茶葉のような食品からもセシウムが検出されています。

 

暫定基準以内ならば安全と言われ、数字や資料を並べられても戯言にしか聞こえない事も事実です。
ですが、1Bqも受け入れないない方法など何処にも存在しません。
チェルノブイリ事故で放射能汚染されても、私達は成長しています。
大事な事は1Bqも摂取しない方法ではなく、少しでも減らす方法を考えることです。

 

安全なのは西日本の食品だけてはありません。
日本海側も放射能汚染されませんでした、長野も同様にも放射能汚染はありません。
日本海も放射能汚染されませんでした。

 

思っているよりも汚染されなかった食品は多く存在しています。
それらの、汚染されていない食品が販売されているときに多めに購入して調理済みで冷凍しておけば食品を購入出来なかった時に役立ちます。

 

果物なども旬の時期に、自分で加工品にして冷凍保存しておけば役立ちます。
鶏肉は高級地鶏を除き、薄暗い部屋でアメリカからの飼料を使いわずか3ヶ月で肉になる、いわば生産工場で放射能が入る余地はありません。

 

鶏卵は鳥インフルエンザを猛烈に警戒しながら飼育されています、飼料もアメリカ産で放射能が入る余地はありません。
牛、豚肉などの食品はアメリカやオーストラリアは安全です、もちろん日本海側も大丈夫です。
大根などの根菜の食品は直接ラップして酸化を防ぐと野菜室でもかなり長期保存出来ます。

オイシックスの放射能検査

オイシックスの放射能検査体制の紹介。

 

Oisix(オイシックス)では、今までの検査体制に加えて、
農水省などが指定する検査機関が使用している
高精度精密分析装置「ゲルマニウム半導体検出器」を
2013年1月に導入し運用を開始しています。
これにより、放射性ヨウ素及び放射性セシウムが「不検出」である事を確認した
ベビー&キッズ商品は、
従来の検査機器に加えて、ゲルマニウム半導体検出器での検査も実施、
各種放射性物質の影響、検査精度の確からしさも確認しています。

 

Oisix(オイシックス)の野菜や乳製品は、
北は北海道から南は沖縄まで全国1000軒以上の契約している生産者から、
一番おいしい旬のものをお届けしてます。
そのため、産地や生産者などを確認してから購入できます。

 

Oisix(オイシックス)は、2011年3月18日より
青果物・乳製品・卵・鮮魚・精肉の検査を実施し、
さらに基準値の変更や、不検出商品・サービスの追加などに伴い、
検査体制を進化させています。

 

現状(2013年1月)では、ガンマ線スペクトル装置に加えて、
ゲルマニウム半導体検出装置も用い、対象全アイテムの商品を粉砕し、
確認を実施してます。
(またベビー&キッズ商品については、毎週結果を公表しています)
また、長期にわたって確かな商品を確保していくために、
商品だけでなく、生産環境の確認検査も開始してます。

 

主に関東-東北にかけて、
青果物・乳製品・肉・魚など生産地における、
「土」「水」「飼料」などの環境検査を強化してます。

 

■Oisix(オイシックス)の具体的な対象アイテムと検査内容

 

・青果物に関しては、主に関東東北産地の圃場において、
 市町村単位・栽培形態毎にて、「土」「水」を採取し、
 に検査を実施。
・鮮魚については、国内養殖魚において、「餌」「水」の検査を定期的に実施。
・精肉については、国内飼育において、「飼料」「水」の検査を定期的に実施。
・たまご・乳製品については、国内飼育において、「飼料」「水」の検査を定期的に実施。

 

などです。

 

今回届いた食材の中にも、検査報告が入ってました。

 

 

オイシックス 定期便204

 

詳細は公式ホームページで!
↓ ↓ ↓
安心食材の宅配ならOisix

 

レビュー記事はこちら!
↓ ↓ ↓
Oisix(オイシックス)のお届け内容

らでぃっしゅぼーやの放射能検査

らでぃっしゅぼーやの放射能対策の紹介。

らでぃっしゅぼーやは、第三者分析機関で東北・関東地域の農産物の放射性物質の検査を行っています。
現在では、結果は「不検出」あるいは暫定規制値を大きく下回る数値となっているようです。

【作付前】土壌検査
摂取制限や出荷制限がかかった地域の、畑の土壌をサンプリング採取し、放射性物質を計測。
計測した結果、オーバーした場合は作付けしない、収穫しないなどの判断を実施し、低減する施策を生産者とともに実施していく。

【出荷前】
ゲルマニウム半導体検出器で検査。
放射性物質を高精度で測定することができます。
産地から抜き取りサンプル検査
抜き取りサンプルを第三者分析機関に提出し、核種別の放射性物質検査を行っている。
暫定規制値をオーバーした値が検出された場合は、出荷を止める。検査結果はサイトで公開。

【入荷時】
らでぃっしゅぼーやの物流センター(北海道・東京・神奈川・愛知・大阪)においては、入荷する青果物の表面汚染放射線量の検査測定を行っています。
検査測定にはコンタミネーションモニターを使用。その週にお届けする野菜、果物の一部を簡易測定し、万が一異常が検知された場合は、お届けを停止してます。

【入荷後】
ベクレルモニターでの検査
さらに分析を精緻化
……植物・食品放射線ベクレルモニターで、定期的に、もしくは異常検知後の農産物について、単位面積あたりのベクレル数に加え、kgあたりのベクレル数を自社でも測定。

地域別データでは、青果全品目で2011年、2012年、2年連続「不検出」の地域が現れてくるなど、放射性物質を取り巻く状況は年々変わってきています。地域と品目別データでは、品目ベースであれば、「不検出」が続いて出ているケースもあるため、明らかに検出され続けている品目は、より重点的に回数を増やし、不検出が出ている品目については、回数を減らすことで、効果的な検査体制を目指したいと考えています。
最新情報は公式サイトでご確認ください。

今回届いた野菜に検査報告書が入ってました。
らでぃっしゅぼーやの放射能対策

詳細は公式ホームページで!
↓ ↓ ↓
らでぃしゅぼーや株式会社


らでぃっしゅぼーやのレビュー記事はこちら!
↓ ↓ ↓
らでぃっしゅぼーやのお届け内容

大地を守る会の放射能検査

大地を守る会の放射能検査のポイントは3つです。

◎放射能測定検査その1

高精度検査機器「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」4台導入。
業界トップクラスの測定検体数を実現し、毎週約700品目の不検出確認済み商品を届けてます。

「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」による具体的な測定方法
「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」は、核種ごとの分析が可能な高精度検査機器で、
外部機関「放射能汚染食品測定室」と同程度の機器です。
大地を守る会では、同機器を4台使用し、
「子どもたちへの安心野菜セット」を中心に、多くの商品の自主検査を進めています 。

検体はなるべく細かくしてケース入れてます。
「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」での検査では、検体の重量と密度が重要であるため、なるべく細かく野菜を刻みケースに入れます。
「子どもたちへの安心野菜セット」では、出荷前に生産者からサンプルを取り寄せ、すべての品目を検査。
同じく、短角牛は全頭検査を行なっています。

1検体2〜10時間の検査を経て出荷
「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」での検査は、1検体2〜10時間の検査を実施しています。
「子どもたちへの安心野菜セット」では、北海道または、九州など甲信越以西の産地は2時間の検査。
甲信越(新潟、長野、山梨)の一部産地では、より精度を高めるため10時間の検査を行なっています。

下記の商品は、放射能不検出を確認した上でお届けしています。
※検出限界値未満を放射能不検出と表記しています。
放射性セシウム134、137および放射性ヨウ素131の核種の検出限界が概ね10ベクレル/kgです。

◆「短角牛」全品
大地を守る会では、短角牛を1頭ずつの買い付け、都度、加工しています。
「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」を 使用して全 頭(1頭ずつ)検査を実施し、検出限界値(概ね10ベクレル/s)以下であることを確認してお届けします。

◆「子どもたちへの安心野菜セット」、季節の野菜・くだものセット「ベジタ」
できるだけ安心なものを子どもに食べさせてあげたいという子育て世代の要望に応えるために生まれた「子どもたちへの安心野菜セット」は、
北海道と、甲信越(新潟・長野・山梨)、愛知以西の産地からの野菜を7〜8品詰め合わせてお届けします。
季節の野菜・くだものセット「ベジタ」は、珍しい野菜や出始めの野菜、くだものなどが入ることもある楽しいセットです。
核種ごとの分析が可能な高精度検査機器「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」(EMFジャパン社 参考価格300万円/台)による放射能測定をし、
検出限界値(核種ごと概ね10ベクレル/s)以下であることを事前確認したものをセットしています。

◎放射能測定検査その2

超高精度検査機器「ゲルマニウム半導体検出器」を使用し、
子どもが食べる頻度が高いと想定される商品の重点検査を実施。
検出限界値は、放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137がそれぞれ概ね3ベクレル/kg。

検出限界値を下げ、検査時間の短縮が可能な「ゲルマニウム半導体検出器」の導入により、より多くの商品の超高精度検査が可能になります。
「ゲルマニウム半導体検出器」(キャンベラ社 参考価格1,500万円/台)は、放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137の核種が確定でき、
検出限界値概ね3ベクレル/kgを実現する超高精度検査機器です。
また検査時間も、検出限界値を低く抑えつつ10〜20分と短く、より多くの商品を超高精度検査することができます。

子どもが食べる頻度が高いと想定される商品に「ゲルマニウム半導体検出器」を使用してます。
とくに放射能による影響が強いとされる子どもがたくさん食べるものを優先して測定します。
また、放射能測定検査その2にある、「子どもたちへの安心野菜セット」のほか、「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」で測定した商品についても、
数値が検出された場合は、クロスチェックとして「ゲルマニウム半導体検出器」を使用します。

◎放射能測定検査その3

外部機関へ依頼し、サンプリング測定した数値結果を公開しています。
その1、その2でご紹介した放射能自主測定のほか、外部機関の「放射能汚染食品測定室」などに依頼してサンプリング測定した結果を
「測定数値公開について」にて、数値を公開してます。
国の暫定規制値以下の品目、過去に出荷制限した品目についても、正しく数値を公表する姿勢を貫きます。
サンプリング測定は、今後も頻度を保ち、週に1回公開できるよう努めてます。

大地を守る会の放射能検査

詳細は公式ホームページで!
↓ ↓ ↓
安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で980円から


大地を守る会のレビュー記事はこちら!
↓ ↓ ↓
大地を守る会のお届け内容


このページの先頭へ戻る