宅配野菜 無農薬

無農薬の宅配野菜

スーパーなどにいくと
無農薬野菜、有機野菜、減農薬野菜といった表示をよく見ます。
しかし、無農薬野菜、有機野菜、減農薬野菜の違いは?
といわれると、実際のところよくわかってない人がほとんどだと思います。
これらの違いについて少し開設したいと思います。

 

無農薬野菜とは
栽培期間中に農薬を使わずに栽培された野菜。
例えば、去年田畑に農薬を散布し、土に農薬(化学肥料)が残っている状態でも、今年農薬を使わずに作れば無農薬野菜です。

 

有機野菜とは
種まきまたは植付け前2年以上(果物などは3年以上)、原則として農薬(化学肥料)を使っていない田畑で栽培された野菜。
農林水産省の認定登録機関の検査に合格(有機JAS認定を取得)した野菜。
以上2点をクリアーした野菜が、有機野菜(オーガニック野菜)と表示することが出来ます。
◎有機野菜の長所は、
 ・安全性が高い
   化学肥料や農薬を使用せず、自然界に存在する堆肥などの肥料を使って育てられているため、体にやさしく安全。
 ・栄養価が高い
   化学肥料を使用していないため、土の中の微生物が活発になり、根から栄養分をいっぱい吸収できます。
   そのため、普通の野菜に比べミネラルやビタミンが多い。
 ・美味しい
   化学肥料を使用していないため、野菜本来の味が蓄えられており味が濃く美味しい。
◎有機野菜の短所は、
 ・価格が高い
  育てるコスト、手間、時間がかかるため、普通の野菜に比べ価格が高い。
 ・大きさや形が不揃い
   野菜を早く成長させるための化学肥料を使用していないため、有機野菜は大きさや形がバラバラになりがち。

 

転換期間中有機野菜とは
6か月以上3年以内、農薬、化学肥料、土壌改良剤を使用せず、堆肥などで土づくりした土壌で生産した作物です。

 

減農薬野菜(低農薬)とは
農薬、化学肥料の使用を同じ地域の同じ時期に慣行的に行われる回数、または使われる量の5割以下でつくられた野菜です。

 

何も表示がないものよりは、こうした表示があるものを買いたくなるのは当然の心情ですが、
表示されているからといって絶対に安全とはいいきれません。

 

有機栽培といっても、どんな堆肥を使っているかによりますし、
低農薬はその地域の使用回数や量が多ければ、意味がありません。
安全でおいしい野菜を選ぶには、まず、産地が明示されているものを選ぶというのがいいでしょう。
産地を明示しているのは、生産者が自信をもってつくっている証拠ですからね。

 

人気の宅配野菜会社は、殆ど、お届けする野菜の生産者の名前を公開しています。
また、顔写真や、実際に栽培や収穫をしている様子を写真にして載せた情報誌も、
宅配野菜と一緒に届けています
ので、安心ですね。

 

無農薬野菜に特に力を入れてる宅配野菜業者さんのミレーを紹介します。

 

マスコミも注目の千葉県産無農薬野菜

 

ミレーの野菜は土作り・栽培方法にこだわり愛情を込めて育てられた安全安心な千葉県のお野菜です。
「顔が見える野菜」にこだわっており、定期的に交流会も実施しています。

 

≪ミレーをおすすめするポイント≫
農家から直接仕入れているので、コスト削減で安い宅配サービスを実現しています。
定期セットはもちろん、単品でも注文が可能なので、臨機応変に使えます。
野菜の他、千葉近郊で獲れる果物・肉・魚・卵や加工食品、調味料なども購入できます。

 

 

無農薬野菜のミレーのレビュー記事はこちら!
↓ ↓ ↓
無農薬野菜のミレーお届け内容



このページの先頭へ戻る