妊娠中の食事

妊娠中の食事

妊娠中の食事と宅配(食材)野菜。

妊娠中の食事

妊娠中のおいしい食事と栄養は大事です。
特に妊娠中野菜は、農薬を使ってない安全で体にいいものを食べたいですね。
妊娠中に食べてはいけないものがあるのかも不安ですね。
ちなみに、妊娠中に絶対に食べてはいけない食品は有りませんので安心して下さい。
しかし、アルコール・カフェインは良くないとされています。
カフェインについては、コーヒー1日1杯くらいなら大丈夫です。

あとは、マグロ、など大きな魚は水銀を多く含むので控えた方がいいと言われています。
金目鯛、鰻、レバーも妊娠中は、控えた方が良いです。
でも、絶対食べてはいけないというものではありません。
食べ過ぎ注意くらいの程度です。

逆に、妊娠中の食事で食べた方が良い物は、
緑・黄・赤などの有色野菜類です。
淡色野菜・果物。魚肉類、豆類とその製品も良いです。
穀類、イモ類。牛乳、乳製品。小魚、海藻類も良いです。
マーガリン、肝油など各種の食品を、色々組み合わせて食べる事が大切です。
人によって年齢・体格・仕事の量などによって必要なカロリーは違ます。
妊娠月数によっても変わりますが、一般的には妊娠のカロリは、5ヶ月までは妊娠前より15%多く、6〜10ヶ月は30%多く必要だと言われています。

それから妊娠中の食事で、葉酸サプリは取った方がいいといわれています。
本当は葉酸は常々取っていた方がいいサプリで、妊娠に気づく前に一番必要な栄養素なんです。
妊娠に気づいてからは少し遅いのですが、それでも取った方がいいサプリなので今からでも摂取して下さい。
分量は守りましょう。
栄養は自然の食物から摂るのが原則です。
できれば、ホウレンソウやトマトなど自然食品から取り入れた方がいいです。

塩辛い食品を多く摂ると、「むくみ」を起し易いので、妊娠中は普段より
少し薄味にしましょう。 ことに、妊娠末期は妊娠中毒症を起し易いので、
食塩の摂取を少なくするようにしましょう。

香辛料(からし、しょうが、こしょう等)の刺激性のものは、味覚を刺激して
食欲を増し、消化を良くするものですから、少量なら差し支え有りません。
しかし、妊娠中毒症の時は腎臓を刺激するので、避けた方が良いです。


宅配野菜や宅配食材は、妊娠中の食事にとても役立ちます。
会社にもよりますが、アレルギー対策や、放射能検査をやってくれていたり、
有機野菜や無(減)農薬野菜があったりなど。
また、妊娠中は大きなお腹で、食材を買い物に行くのも大変ですね。
交通事故も心配ですし。
宅配野菜サービスなら、自宅まで届けてくれるので安全で、楽です。
宅配食材(野菜)サービスには、妊娠中は、安心して食事ができるシステムがあります。
また、「らでぃっしゅぼーや」にはベビー特典というサービスがあり、妊娠中からもメリットを受けられます。

ベビー特典の詳細は、「らでぃっしゅぼーや」公式ホームページで!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓




ランキング、レビュー記事はこちら!
↓ ↓ ↓
トップページ




このページの先頭へ戻る